2010年05月24日

<JAXA>延期・H2A17号機の打ち上げは21日朝 金星探査機搭載(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、日本初の金星探査機「あかつき」と太陽光の圧力で飛ぶ宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を搭載したH2Aロケット17号機の打ち上げを、気象状況を確認した結果、5月21日(金)6時58分22秒に行うことを発表した。

【写真と図説で見る】日本初の金星探査機「あかつき」について知る

 JAXAは鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで18日午前6時44分14秒に予定していた17号機の打ち上げを、6分前に飛行経路に雷を発生させる雲が流れ込んだため、延期していた。17号機は、金星探査機を搭載しているため、打ち上げ時刻は秒単位で決められている。過去の打ち上げのように、雨雲が抜けるのを一時的に待つことはできなかった。【毎日jp編集部】

【関連ニュース】
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや 迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【宇宙の神秘】ハッブル望遠鏡が撮影した宇宙の神秘的画像
【写真特集】映画のようにかっこいい NASA ミッションポスター
【写真特集】日本の宇宙開発 日本人飛行士のプロフィールも

山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か―公取委(時事通信)
俳優・原田大二郎氏、民主が山口選挙区擁立へ(読売新聞)
高級バイオリン、安物とすり替え…葉加瀬さん母校(読売新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
<フェアユース規定>新聞協会など14団体が意見書(毎日新聞)
posted by タテノ サダオ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

EPAに基づく事業そのものに「懸念」−省内仕分け(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月18日、経済連携協定(EPA)に基づきインドネシア人・フィリピン人看護師・介護福祉士候補者の受け入れ事業を行う「社団法人国際厚生事業団」を対象に事業仕分けを行った。仕分け人の高橋進氏(日本総合研究所副理事長)は、「EPA協定に沿った事業そのものが、体制と実績との間、成果と言うか、そこの差がいずれ大きな問題になってくるのではないかという懸念を抱く」と指摘。「法人の問題というよりも厚労省全体として、この問題について改めて当事者意識を持った取り組みが必要ではないか」と問題提起した。

 同事業団は1983年に、国際的な保健・福祉の発展に貢献することを目的に設立された。アジア地域を中心とした開発途上国の保健・福祉分野の行政官の人材育成研修事業や、水道をはじめとする保健・福祉分野の調査などのほか、「外国人看護師・介護福祉士受入事業」や「外国人看護師・介護福祉士受入れ施設支援事業(あっせん事業)」を実施している。

 同事業団は改革案として、▽候補者が協定により許可されている滞在期間を最大限受け入れ施設内での就労・研修に充てられるよう、候補者の就労開始時期の早期化を図る▽より多くの候補者にマッチングの機会を提供するとともに、受入れ機関の選択肢を増やし、マッチング成立者数を増加させるよう、マッチングリストに登録する候補者を増加させる―などを提示した。

 議論では、田代雄倬氏(元川崎製鉄環境エンジニアリング部長)が外国人候補者の国家試験合格率について、「どれぐらいを前提に入れて考えているか」と質問したのに対し、同事業団の角田隆専務理事は「分からない」とし、今年3人の看護師候補者が国家試験に合格したことを踏まえ、「とにかく3人受かったということで、皆さんまたやろうかという気になってくださったと思っている」との認識を示した。

 仕分け人の「外国人看護師・介護福祉士受入事業」についての仕分け結果は、全員一致で「改革案では不十分」だった。

 省内事業仕分け事務局が示した資料によると、同事業団の実施する事業以外にもEPA関係事業として今年度は、経済産業省の「経済連携人材育成支援研修事業」や厚労省の「外国人看護師候補者就労研修支援事業」などがある。
 これについて、高橋氏は「政府全体では非常に多額の日本語教育のためのお金を使っている。これだけのお金に見合う日本語教育の効果が上がっているのか」と指摘。費用対効果も含めて、どこでどういう体制で日本語を教えるのが結果的に合格者数を増やすことにつながるのか検討を急ぐべきと主張した。


【関連記事】
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会

夜の東武東上線、男性飛び込み7500人に影響(読売新聞)
携帯ゲーム中毒の主婦、中学生に売春させる(読売新聞)
大阪ガス子会社元部長を逮捕=背任容疑−大阪府警(時事通信)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
韓国艦沈没、米含め緊密連携し対応…日韓外相(読売新聞)
posted by タテノ サダオ at 05:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

防波堤に衣服、容疑の夫か 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)

 京都市伏見区の市営住宅で中西真澄さん(34)と長男で保育園児の隼人ちゃん(5)の母子が殺害されているのが見つかった事件で、殺人容疑で行方が分からなくなっている夫の中西二郎容疑者(30)の車が見つかった福井県越前町の山林から約6キロ離れた海岸の防波堤で、スウェットやジーパンなどが入った袋が見つかったことが6日、分かった。京都府警は中西容疑者の服の可能性が高いとみて、DNA鑑定を進めるとともに、付近の捜索を続けている。

 府警によると、袋は1日午前11時ごろ、自動車発見現場付近を捜索していた捜査員が発見した。

【関連記事】
京都・伏見の母子殺人 不明の夫を指名手配
殺人容疑で不明の夫に逮捕状 伏見の母子殺人事件 京都府警
不明夫の車、福井で発見 京都・伏見の母子殺害
遺体に多数の刺し傷、夫の行方は? 京都・伏見の母子殺人事件 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

普天間問題 首相責任論に予防線 参院選ダメージ回避へ…民主結束フォロー(産経新聞)
サントリー美術館で国立能楽堂展(産経新聞)
【日本発 アイデアの文化史】インスタントラーメン(下)(産経新聞)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
<舞鶴・高1殺害>公判日程決まらず…長引く整理手続き(毎日新聞)
posted by タテノ サダオ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。