2010年06月16日

菅首相、初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!(産経新聞)

 菅直人首相の8日の就任記者会見は、自らの不用意な発言で足をすくわれた鳩山由紀夫前首相の轍(てつ)を踏みたくないためか、責任を分散・回避するようなあいまいな発言に終始した。市民運動をきっかけに政治家を志し、30年前に衆院に初当選した時から上昇志向を隠そうとしなかった首相だが、その目的を遂げるや否や、野党時代の攻撃性と鋭い舌鋒(ぜつぽう)を封印。就任初日から「守り」の姿勢を強く印象づけた。

 「官僚こそが政策や課題に取り組んできたプロフェッショナルだ」

 長年にわたり政治主導を訴えてきた首相は、記者会見で官僚をこう持ち上げた。昨年10月の講演では「霞が関(の官僚)なんて成績が良かっただけで大バカだ」と断じていたが、百八十度転じてしまった。

 鳩山前首相が退陣に追い込まれた大きな要因である米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関しても、野党時代に海兵隊の沖縄撤退論を繰り返し主張していたことなどおくびにも出さなかった。

 さらに首相は「まずは官房長官のところでどういうチーム、枠組みで取り組むか検討していく」と述べ、内閣の最重要課題の責任をさっそく仙谷由人官房長官に押しつけた。

 首相は、維新の志士、高杉晋作にちなんで自らの内閣を「奇兵隊内閣」と名付けた上で、「高杉晋作は逃げるときも速いし、攻めるときも速い。果断な行動をとった」とまず「逃げる」ことに言及した。 

 もっとも慎重発言を心がけても言葉の端々から本音は垣間見える。首相は4日の民主党代表就任の記者会見では「数日前から『琉球処分』という一冊の本を読んでいる。まだ、あまり進んでいませんが…」と述べ、今になって泥縄式に沖縄の歴史を学んでいることを明かした。

 首相は2年前に出版された本「菅直人 市民運動から政治闘争へ」のインタビューで「市民派は自分たちが好きなことはやるけれども嫌いなことはやらない」と自己分析している。批判していればよかった野党議員ならばそれも通用しただろうが、果たしてそれで一国の首相が務まるのか。

 この日の記者会見も政権を維持したいという意欲は伝わったが、具体的に何をどう進めるかはほとんど見えてこなかった。

 そんな首相が少し能弁になったのは、小泉純一郎元首相による平成17年の郵政選挙を批判した時だった。

 「小泉さん流のひどいというか、まさに小泉劇場に踊らされた選挙だった」

 郵政選挙をめぐり、首相は18年1月の民放番組でこう言い切った。

 「一億総白痴化になっていますよ! だから(衆院選で)自民党が勝ったんじゃないですか!」

 この理屈で言うならば、昨夏の衆院選で民主党が勝利したことも、その結果、自らがいま宰相の座にあることも、国民が白痴だからだということになりはしないか。(阿比留瑠比)

【関連記事】
菅内閣は逃げ足の速い「奇兵隊内閣」
菅首相「官僚こそプロ、その力使って政策進める」
蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<サムライブルー>サッカー少年が日本代表祈願 湯島天神に絵馬奉納(毎日新聞)
<囲碁>山下が攻める展開 本因坊第3局(毎日新聞)
ブラウン管テレビ、発火の恐れ=使用中止求める―ソニー(時事通信)
【土・日曜日に書く】論説委員・福島敏雄 「龍馬」ブームを考える(産経新聞)
<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
posted by タテノ サダオ at 09:43| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

沖ノ鳥島保全法が成立=離島の調査・開発拠点を整備(時事通信)

 海底資源開発や排他的経済水域(EEZ)の権益を守るため、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都)や最東端の南鳥島(同)などの離島保全を図る低潮線保全・拠点施設整備法が、26日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。中国は法律制定に反対しており、今後反発も予想される。
 同法は、島の海岸線を守るため干潮時の海岸線でEEZ設定の基準となる「低潮線」の周辺水域を保全区域として指定するよう定めた。さらに、EEZ設定や資源開発に関係する離島を「特定離島」に指定し、港湾など調査・開発拠点を整備することなども盛り込んだ。 

【関連ニュース】
沖ノ鳥島保全法が衆院通過

アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス
昨年のHIV検査、大幅減=新型インフル影響か―厚労省(時事通信)
サイパン 戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)
月の探査計画 5年後にロボットで着手 政府懇談会(毎日新聞)
口蹄疫 鹿児島県が種牛を離島に分散避難(毎日新聞)
posted by タテノ サダオ at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

<JAXA>延期・H2A17号機の打ち上げは21日朝 金星探査機搭載(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、日本初の金星探査機「あかつき」と太陽光の圧力で飛ぶ宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を搭載したH2Aロケット17号機の打ち上げを、気象状況を確認した結果、5月21日(金)6時58分22秒に行うことを発表した。

【写真と図説で見る】日本初の金星探査機「あかつき」について知る

 JAXAは鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで18日午前6時44分14秒に予定していた17号機の打ち上げを、6分前に飛行経路に雷を発生させる雲が流れ込んだため、延期していた。17号機は、金星探査機を搭載しているため、打ち上げ時刻は秒単位で決められている。過去の打ち上げのように、雨雲が抜けるのを一時的に待つことはできなかった。【毎日jp編集部】

【関連ニュース】
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや 迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【宇宙の神秘】ハッブル望遠鏡が撮影した宇宙の神秘的画像
【写真特集】映画のようにかっこいい NASA ミッションポスター
【写真特集】日本の宇宙開発 日本人飛行士のプロフィールも

山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か―公取委(時事通信)
俳優・原田大二郎氏、民主が山口選挙区擁立へ(読売新聞)
高級バイオリン、安物とすり替え…葉加瀬さん母校(読売新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
<フェアユース規定>新聞協会など14団体が意見書(毎日新聞)
posted by タテノ サダオ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。